口臭の原因・予防ガイド TOP → 口臭対策法 野菜中心の食生活

野菜中心の食生活

和食には緑黄色野菜や根菜類なども豊富です。また良く噛んで食べなければならないメニューが多くあり、健康的といわれています。規則正しく、栄養バランスのとれた食事を摂ることは、口臭対策のみならず身体の健康の基本となります。

特に口臭予防のために意識して摂りたい食品は、緑黄色野菜や海藻類などの食品です。歯応えのあるものや繊維質の多く含んだ野菜をしっかりと噛んで食べることで、唾液の分泌を促すという効果もあります。また、このような食事は、腸内の環境も整えてくれます。

現在の私たちの食事は、肉類などのタンパク質や脂質の多いものになっています。タンパク質は胃や小腸を通過する間に消化酵素によってアミノ酸に分解・吸収されますが、腸内の悪玉菌は、タンパク質の一部を栄養分として利用し、その過程で臭気成分を作り出します。これが血液に取り込まれ、体内を巡ってやがて口臭となって現れます。腸内環境を良くすることは口臭予防の第一歩です。

胃腸障害になると、内分泌の異常により唾液の分泌が極端に弱まり、口臭を発生させることもあります。また、胃腸の病気になると舌に垢がつく舌苔が付着しやすく、舌苔は雑菌が繁殖しやすいため口臭の原因になります。胃腸を良くするためにも、高タンパク、高脂肪に偏った食事は避け、腸内の善玉菌を増やすためにも、穀物、野菜を中心としたバランスの取れた食事を心がけましょう。

また、野菜を大きめに切ると、自然に噛む回数が増えます。噛むことで口臭予防となる唾液の分泌を促しますので、食べやすく小さめより大きめを、また薄めよりも厚めを意識してみましょう。

口臭対策法


http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html
http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html

e-おくすり
e-おくすりなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 口臭の原因・予防ガイド All Rights reserved.