口臭の原因・予防ガイド TOP → 口臭対策法 水分を取る

水分を取る

口の中が乾燥している時は、口腔内細菌が増殖して口臭が発生してしまいます。口臭の元となる細菌には嫌気性(酸素が少ない環境を好む)のものが多く、唾液の分泌量が減るとこの細菌が一気に増殖し、唾液の浄化作用が追いつかず口臭がきつくなります。減ってしまった唾液の量を増やすためにも、水分補給をこまめに行うことが口臭予防にとって必要です。

唾液の99%以上は水分です。そのため体内の水分が足りなくなると、必然的に唾液の分泌も悪くなります。口腔内の乾燥による口臭を予防するためにはこまめな水分補給が欠かせません。

また、空腹時には膵液という消化液から生じたガスが胃から上がってきて、口臭の起因となります。この場合も水を飲むことで口内が潤され、さらに胃の中に水分を補給することで胃から上がってくる臭気を抑えるという効果を発揮してくれます。

水分補給に適した飲み物としては、水か、砂糖・炭酸を含まないスポーツドリンクが良いでしょう。リフェノールを含んでいる緑茶や烏龍茶には、その抗菌作用によって食後の口臭を緩和する働きがあるのですが、飲み過ぎると唾液の分泌を抑える働きがあるのでお勧めできません。

他にコーヒーを飲む方も多いのですが、コーヒーは飲むと口腔内のpHを著しく低下させ酸性にしてしまいます。また、その成分が舌苔に付着しやすいという点も口臭の原因となりますので、水分補給としては適切な飲料とは言えないでしょう。

口臭対策法


アピドラ 副作用
アピドラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 口臭の原因・予防ガイド All Rights reserved.