口臭の原因・予防ガイド TOP → 口臭対策法 歯磨きの改善

歯磨きの改善

通常口の中をキレイにするには歯磨きを行います。例えば歯磨き粉の香料の香りで口臭をごまかすということができますが、それはあくまでも一時的なもので、効果がずっと続くというわけではありません。

歯磨き粉には口臭予防の薬用成分として、トリクロサン、銅クロフィリンナトリウムなどが入っていますが、歯磨きによる口臭防止効果は、やはり口内の環境を少しでも良い状態に整えることによって口臭の原因をなくすということです。

基本的に歯磨きが必要なのは、寝る前と起きた時です。それは菌が一番増殖するのは口の中が乾燥している時だからです。

睡眠中は自律神経の関係で唾液分泌が減り、細菌を洗い流す自浄作用と唾液中の抗菌物質がうまく働かず、細菌が繁殖しやすい状態になります。就寝前は特にていねいに磨きましょう。就寝前の歯磨きが不十分だと、就寝中に細菌が増殖し、起床時の細菌数が夕食後の約30倍にもなると言われています。

したがって、一日の中で、口腔内の細菌汚染がもっともひどいのは、起床直後ということになります。虫歯も歯周病も寝ている間に進みます。起床直後の口の中は、口臭を生じるとともにネバネバと不快な感じを自覚する方も多いでしょう。

逆に口腔内の微生物が最も少なく、クリーンなのは食事直後です。唾液は食事中に最も分泌されるからで、口臭のある人も食事中と食後直にはほとんど臭わなくなるのは、そのためです。もっとも、食べカスが残っていると、その後、虫歯菌の活性が高くなり、食後時間が経つにつれ唾液の分泌はだんだん減少することもあり、他の微生物活性も高まってプラーク(歯垢)形成に進みます。歯や歯並びに合った磨き方で、プラークをていねいに取りましょう。通常の歯磨きの他、デンタルリンスも歯ブラシでは届かなかった歯の隙間や裏側にも働きかけるので口臭ケアに効果的です。

口臭対策法


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 口臭の原因・予防ガイド All Rights reserved.