口臭の原因・予防ガイド TOP → 口臭対策法 歯石の除去

歯石の除去

口臭を気にしている人は熱心に歯磨きをしていると思います。しかしどんなに念入りに歯磨きを行っても歯の裏、奥歯などに歯垢が残ってしまいがちです。歯石は食べ物などが固まって出来る訳ではなく、この歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊が、少しずつ唾液の成分で石灰化を起こして固まってしまったものです。早い人では1ヶ月程度、通常の場合でも3ヶ月程度で歯石がたまるので、定期的なケアが必要になってきます。

歯石そのものが口臭の原因となることはありません。また、石灰化した細菌は活動していないため、歯石が付着していても虫歯は出来ません。しかし、歯石の沈着による歯周ポケットの増加は口臭の原因となります。

歯石は、ほとんどの場合歯の根元の部分(歯と歯茎の境目)に付着します。歯石の表面は、歯に比べて、ざらざらとしているために、歯周病菌などが繁殖する絶好の住みかとなります。つまり、歯石内部の石灰化した部分が問題なのではなく、歯石の表面のざらついた部分にプラークが集まってしまうことが問題なのです。歯石取りは虫歯予防というより、特に歯周病予防に有効です。

高齢者や病気を患っている人は自浄作用のある唾液の分泌量が少なくなっているので、菌を洗い流す事が充分に出来ず、歯石がたまりやすくなる事が分かっています。

歯科によって歯石除去をしてもらうと、口腔内の歯周病菌などの悪い影響を与える菌が少なくなるため、口の中のネバネバも解消されます。その後はこの状態を維持するよう心がけましょう。

硬い歯石は自分では取り除くことができません。お口の清掃には専門家のケアが必要です。?半年に一度は、歯科医院で虫歯や歯周病のチェックを受け、一緒に歯垢や歯石の除去することが口臭予防につながります。

口臭対策法


レーシック
レーシックなら確実性と安全性を追求する吉野眼科で!

お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 口臭の原因・予防ガイド All Rights reserved.