口臭の原因・予防ガイド TOP → 口臭対策法 舌苔の注意点

舌苔の注意点

舌苔を取り除こうとするために歯ブラシや舌ブラシなどできつくブラッシングしている人もいるかもしれません。しかし実際には舌を磨いても口臭予防にならず舌を傷つけている可能性が高いと言われています。

舌の表面は、舌乳頭と呼ばれる絨毯のようなヒダで覆われています。舌には、たくさんのヒダとヒダの間に汚れが入り込みやすいという特徴があります。舌の表面に付いている白っぽいものは、歯の表面に付くプラーク(歯垢)と同じもので、舌に付いたプラークを舌の苔と書いて、舌苔(ぜったい)といいます。舌苔は健康な人にも見られ、程度の差こそあれ、舌苔は舌の健康を維持する上で必要であると考えられています。

舌苔の大半は、食べ物の残りカス、舌から剥がれた細胞、口の中の細菌とその細菌が代謝したものなどが結合し舌に付着したものです。舌苔を舌の表面から取ってニオイを嗅ぐと、悪臭がします。通常の量であれば口臭の原因になることは殆どありませんが、何らかの原因で唾液の分泌量が低下し、口が渇くといつもより舌苔の量が増えてしまい口臭につながります。

舌苔が増える原因として、免疫力の低下(風邪・睡眠不足)、口呼吸や緊張の持続による唾液減少、食べ残しが多い歯みがき、タバコ、ストレス、アルコールや甘味飲料の飲み過ぎ、全身疾患などが考えられます。

現在は舌専用の歯ブラシが販売されているので、舌苔除去のケアをすることができます。しかし、舌はとても繊細なので磨くという概念は捨てて舌苔をやさしく取り除くという感覚を持つことが必要です。舌苔を取りすぎて舌を傷めてしまい、ひどい口臭を引き起こしたり、味覚障害を起こす可能性もあるので、注意してください。 過剰に除去しようとせず、舌苔を付きにくくすることを考えましょう。

口臭対策法


医院 開業
医院の開業なら信頼と実績の当社へ

お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 口臭の原因・予防ガイド All Rights reserved.