口臭の原因・予防ガイド TOP → 子供の口臭 子供の口臭の原因

子供の口臭の原因

子供の口臭の原因としては、唾液不足を代表とする生理的口臭である場合が多いです。子供の口臭も、基本的に大人の口臭と原因は変わりませんが、病的口臭の場合でも、胃腸が悪いなど内臓疾患の影響で生じることは稀で、ほとんどが虫歯など口腔内での病気を原因として発せられる口臭だと思われます。

口臭は、口の中に細菌が増殖することが最も大きな要因と考えられます。口臭の元になるガスを作り出すのは嫌気性細菌で、口の中が乾燥しだすとこの細菌が増殖しやすい状態となります。朝起きた時や、空腹時、緊張した時などは口の中が渇きやすく、生理的な口臭が発生しやすくなります。また、子供にありがちな口呼吸によっても口腔内が乾燥しやすくなります。

口呼吸の問題点は口臭だけでなく、鼻を通さないで呼吸をすることになるので、外気のゴミや細菌を鼻粘膜でシャットアウトできず、風邪をひきやすくなったりします。決して良い習慣ではないので、注意して改善していくようにしましょう。

口内の唾液が減少は、軟らかい食べ物を摂ることでも起こります。子供が好きなスナック菓子などは、すぐ口の中で溶けて噛む回数も少なくて済んでしまうので、唾液の分泌が減ってしまいます。甘い飲み物の飲み過ぎも舌苔が付着する要因となりますので口臭の元となります。子供には、口臭予防のためだけでなく、きちんとした食生活を用意してあげたいものです。

虫歯がある場合には早めに治療し、常日頃から口内環境を整えて口臭の悩みを解消してあげましょう。

子供の口臭


那須 ペットと泊まれる宿
那須でペットと泊まれる宿なら那須の本格的な英国カントリー風の宿【ラピステ】で!

ポスターを印刷する
http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/

マーロックス
マーロックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 口臭の原因・予防ガイド All Rights reserved.