口臭の原因・予防ガイド TOP → 子供の口臭 子供の口臭

子供の口臭

子供の口臭が気になったら、まずは歯の健康状態を疑う必要があります。近頃は、子供の虫歯予防に熱心な親御さんも多く、虫歯の少ない子が増えていると言います。しかし、小さいうちは親が直接手を出して、細かく仕上げ歯磨きまでしてあげていても、ある程度の年齢になれば、子供は自分で磨くようになります。そうなると、上手に磨けなかったり、あるいは歯磨き自体を面倒くさがってしまったりで徐々に口内環境が悪くなってしまうようです。また、生活習慣や普段の姿勢の悪さから歯並びやかみ合わせの悪い子供が増えているとも言います。

子供の口臭にも様々なケースがありますが、徐々に臭うようになってきたり、口臭があったりなかったりする場合には、虫歯を放置していたり、口腔内の清掃状態が不良のため、歯垢がたまって単純性歯肉炎を起こしている可能性があります。歯磨き時に出血が見られたら、その疑いが強いといえるでしょう。逆に、急に口臭が起こり、以後常に臭う場合は耳鼻科、あるいは呼吸器系など何らかの基礎疾患による呼気性口臭の疑いが強いため、まずは小児科を受診しましょう。

もちろん、口の中が乾燥することによって、口臭が発生することもあります。この場合は、唾液分泌を高めるよう工夫したり、水分を補給して口内を潤してあげることが必要です。

子供は正直で、口臭に気付いた周りの子供から口が臭いといじめられてしまう場合もあります。口臭のメカニズムと適切なケアを教えてあげることも親として大切なことでしょう。

子供の口臭


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 口臭の原因・予防ガイド All Rights reserved.