口臭の原因・予防ガイド TOP → 口臭のチェック 舌の表面

舌の表面

舌の表面には舌苔と呼ばれる白いこけのようなものが着いています。これは歯の表面につく歯垢と同じようなもので、口臭の原因となります。?

舌の表面は、細かいビロードのような乳頭で覆われています。この隙間に食物のカスがたまりやすく、食後の口臭を起こします。個人差がありますが、乳頭の長さが長い人は舌苔も付着しやすくなります。一般的に高齢者は長くなります。

舌苔をタオルやティッシュなどで舌の表面から拭き取って嗅いでみてみると、それが口臭の元になっているかどうかがわかるでしょう。臭いを感じた場合は、他人も口臭を感じていることが予想されます。舌苔の見た目は、人それぞれ違い、白っぽいものから黄色っぽいものなど、色々あります。舌苔は、通常であれば食べ物や唾液である程度洗い流されます。口臭が気になり始めたら、舌の表面や口の中の粘膜を洗い流すという意識をもって、しっかりうがいをすると、一時的な口臭解消に効果があります。

軟らかく、噛む必要のない食べ物ばかり食べていると咀嚼する回数が少なくなるため、十分な唾液が出ずに舌苔が溜まる要因となります。さらに唾液が減るということは、口の中の雑菌を殺菌する作用が弱くなるということのなので、口臭の大きな原因にもなります。軟らかい食べ物は、その食べカスが歯にくっ付きやすく、歯垢として残りやすいという注意点もあります。

過剰に付着した舌苔は、適度に除去することも良いのですが、取り過ぎは舌の表面を傷めることになりますので禁物です。舌のケアには十分注意が必要です。

口臭のチェック


ラスリテック
ラスリテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

水素水ボトル
http://pcwater.jp/item03.html

お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 口臭の原因・予防ガイド All Rights reserved.