口臭の原因・予防ガイド TOP → 口臭の基礎知識 病的口臭

病的口臭

病的口臭とは主に歯周炎、歯肉炎などの歯周病や、虫歯、舌苔などが口腔内にあり、それが原因となっているケースのことです。その他にも病的口臭には唾液そのものに含まれる臭気物質に原因がある口臭、さらには疾患によって肺から呼気となって起こる呼気性口臭などもあります。

病的口臭は身体の疾患が原因で起こる口臭です。このうちの約9割が虫歯や歯周病など、口腔内の病気が原因とされています。歯周病とは、歯周組織が歯垢に含まれている「歯周病菌(細菌)」に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう病気の総称です。

この歯周病の原因は主にプラーク(歯垢)で、歯と歯茎の間にできる歯周ポケットに多量のプラークがたまり、免疫力が低下することで口の中の細菌が増殖し口臭が発生します。放って置くと炎症が強まり、歯周組織の破壊が進み、膿が出たりして、口臭はさらにひどくなります。

口腔外の全身的な病気による口臭は、慢性鼻炎や副鼻腔炎、胃潰瘍、慢性気管支炎、糖尿病、肝炎などでみられます。副鼻腔内にたまった魚や卵の腐ったようなにおいのする鼻汁や膿が、ストレートに吐く息に混じり、口臭となります。

胃潰瘍になると胃酸過多により、口臭の他に胸焼けやすっぱいゲップなども出ます。糖尿病の場合体内で発生するケトン体が原因で引き起こされ、甘酸っぱい独特の臭いの口臭を発すると言われています。

肝臓の働きが弱ると、臭いの素となるものが肝臓で分解されずに血液に乗り、肺に運ばれて口臭がしている場合もあります。 病的口臭の場合は原因となっている病気そのものを治療しないと口臭が収まることはありません。それぞれの診療科で治療を受ける必要があります。

口臭の基礎知識


リルテック
リルテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

不用品回収 千葉 成田 茨城
http://www.eco-harmony.co.jp/

お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 口臭の原因・予防ガイド All Rights reserved.