口臭の原因・予防ガイド TOP → 口臭の基礎知識 食物由来の口臭

食物由来の口臭

食物由来の口臭はその名の通り、食物や飲料からくる口臭のことです。口臭の原因の代表的なものにニンニクやタマネギ、アルコール、コーヒーなどが挙げられます。

臭いのきつい食物を食べた後の口臭は、口内に残った食べカスが直接臭う場合と、体内で消化吸収された臭いが臭う場合とがあります。揮発性物質を含むニンニクやタマネギ、ニラ、らっきょうなどの臭い成分は、いったん胃に収まり腸に吸収され、酵素の作用で独特の刺激臭物質が生成されると血液として全身を循環して、肺を経由し息となって吐き出されます。

お酒は体内に吸収され、アルコールを分解する過程で、悪臭をもたらすアセトアルデヒドという成分を発生させます。飲酒後は、血中にこのアセトアルデヒドが含まれ、肺に入り、呼吸によってこの悪臭が吐き出され口臭になります。アセトアルデヒドは毛穴を通じて皮膚からも放出されるので、臭いは体臭にもなります。

また、コーヒーも口臭の原因のひとつに挙げられます。実はコーヒーは口臭予防の効果もあり、特にニンニクやニラなどの臭いの強いものに対して、コーヒーに含まれているフラン類と呼ばれる香りに関する成分が、効果的であると言われています。しかし、状況によってコーヒーは口臭の元となります。生理的口臭が出やすい空腹時にコーヒーを飲むと、コーヒー臭と口臭が混ざって不快な臭いになる場合があります。また、コーヒーは胃に刺激をあたえ胃酸の分泌を促すため、空腹時と同じ臭いが出やすい環境を作ってしまいます。

コーヒーのほろ苦い味と香りは、そのまま舌苔に付くと粘膜にしみ込みやすく、すぐには取れません。特にミルクや砂糖を入れたコーヒーは、酸性に傾きやすく、唾液による浄化力も不十分になりがちです。口臭防止を期待する場合もミルク、砂糖を入れず空腹時を避けブラックで飲むのが良いとされています。

口臭の基礎知識


ルリッド
ルリッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ナースシューズ メンズ
ナースシューズのメンズなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 口臭の原因・予防ガイド All Rights reserved.